2010年3月23日火曜日

Nintendo 3DS

Nintendo 3DS
http://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2010/100323.pdf

 次世代DS発表きましたね!
 もちろん買いますよ!
 楽しみです!

 ただ、私は裸眼立体視モニタをつかった3D立体視を実装したことがあり、いろいろ立体視の限界を知っちゃっているので、正直、立体視に関しては、うれしくもあり心配でもある、複雑な心境です。
 でも、任天堂ならどうにかしてくれる!(たぶん)

 以下、その経験をもとにいろいろ予想(妄想)を書きなぐってみた。


・おそらく、携帯機の処理能力からみて、裸眼立体視のview数は2つだろう。
(現在ある裸眼立体視モニタには最低は2viewから、なんと9viewまでもつモニタまであります。)
 view数が多ければ多いほど、ある程度の視野角を確保できますが、正直、焼け石に水、どころか、視野数の増加は画質の低下すら招くので、2viewが良いと思います。
 携帯機であれば、真ん前からみるということを前提にできますし、距離も大体の前提が置けるはず。なら視野の振り分けはその前提をもとにきっちりやれば、へんなグラデーションが生まれずにきれいに振り分けられるはず(推測)

 昨今のモバイルGPUパワーは現行DSに比べればものすごい能力を持っているので、2viewになったところで、画質的には十分DSに勝てるだけのものは出せるでしょう。

 とはいえ、平面(1view)にくらべて、約2倍のコストを払わなくてはならないのも事実なので、平面専用のゲームも多分に出るでしょうね。


・裸眼立体視モニタの視点が固定されてしまう問題。
 "裸眼"立体視は見る場所が完全に固定されてしまうという欠点があります。
 この制約がかなり心配です。
 メガネ立体視だったらそんなことはないのですが、携帯機でメガネは逆に厳しいですね。

 また、視点が固定されるので「アッタコレダ」はN3DSでは立体視に対応できないことになりますね。残念。

 いや、まさか、まさかとはおもうんですが、カメラが常時顔認識をして、顔のある場所に合わせてフィルタを・・・うんむり。そこまで精度の高い認識をできるとは到ー底ー思えない。


・おそらく、携帯機の解像度の低さからみて、1ピクセルを複数視野に振り分けることができる技術を投入してくれるに違いない!きっと!(希望的観測)
 いや、ほんとこれは裸眼立体視モニタの大きなネックなんですが、現状ある裸眼立体視モニタは1ピクセルごとに別々の視野に割り振ることしかできないので、実質的にものすごい解像度の低下をもたらしてしまうんですよ。
 それをただでさえ解像度の低い携帯機でやったらさらにひどいことになってしまうので、それだけは避けてほしいな・・・と、切に切に思うわけです。
 とくに2Dドット絵ゲーで立体視をしたいときには、ドット絵が崩れてしまうピクセル単位の振り分けでは実用にならないと思う・・・。


・縦持ちにはどう対応するのか?
 基本、立体視フィルタは横方向にしか対応していないはず・・・。もしかしたら、フィルタも液晶化して(できるのだろうか?)、縦持ち横持ち両方に対応できるようにするのかもしれない。
 そして、もしかしたら、縦持ち、横持ちを判定するために加速度センサーを用いてくるかもしれない。


・立体視を実装する以上、解像度は最低でもVGAは出してきてほしい。
 立体視にとって、解像度はとても重要な問題なんです。なぜなら、解像度以上の視差を作れないから。
 これは非常に大きな問題です。解像度が上がれば処理コストは爆発的に増えてしまいますが、立体感を重視するなら、こまやかな視差を作れる高解像度が必要なのです。
 人間の眼は繊細で幅1024pixelのモニタであっても1dotの差異を余裕で感知して立体を感じることができます。そして、正直1024pixelでも解像度がまだ足りないと感じました。
 携帯機なら、モニタも小さいので、640pixelもあれば、それ相応の立体感はつけられるとは思うのですが・・・。
 贅沢をいえるならば、2048ぐらいほしい所なんですが、PCでもきついわっていう。


・タッチペン問題。
 もし、現行のタッチスクリーンの使用のままでいくなら、タッチする座標は奥行き上フォーカス中心点(ちょうど画面の部分)でしかできない。
 まさか・・・いやまさか、とはおもうが、空間センサーか距離センサーか何かで、立体的にタッチペンを検出できる何かを用意してくるか・・・?
 いや、それはないか・・・いくらなんでも難しくなりすぎる(技術もコストもソフトウェア開発も)


 あー正直、どうせ低解像度でそこまで視差を持たせることはできないだろうから、現行のタッチスクリーンのままきても大して違和感なく操作できるんだろうなー(夢のない発言)

 結論、技術にはかならず限界があるので、あまり夢を持たないようにしましょうね☆

 でも、それでも、夢を持ってしまう、人間だもの・・・。夢はかなわないから夢なのに・・・。
 あーくそ、たのしみだな!