2010年4月10日土曜日

トモダチコレクション感想

トモダチコレクション

 気になってたけど買うかどうか迷ってたら異様に売れちゃって逆に買いにくくなって放置してたけど、いよいよもってほかにプレイするゲームが無くなったので買ってしまいました。
 というわけで、ファーストインプレッション。

 ジャンルはライフゲーム。「千年家族 * 0.3 + どうぶつの森 * 0.5 + 0.2」みたいなゲームでした。
 千年家族のもっと個人にスポットが当たるゲームを期待してたんですが、ん~、圧倒的にイベントがないですね。

 何をするゲームかと説明しますと・・・説明しますと・・・何と説明すればよいのやら。

1)Miiを登録する(最大100人)
2)なんか、Mii達が勝手にコミュニティを形成していく。
3)時たま、悩みを解決してあげる。
4)余ったお金でアイテムでもコレクションしてればいいんじゃないかな?ないかな?

 こんな感じで進行し、Mii達がどんなコミュニティを形成するのかを楽しむゲームといえばいいんでしょうか。

 ただ、上記にもあげたように、これといったイベントがすくない・・・。
 千年家族みたいに、「うまれた!」「一流の学校に入った!」「ぐれた!」「サラリーマンになった!」「交通事故でしんだ!」等など、豊富なイベントは存在せず、せいぜい、

・「だれかと友達になった(ってた)。」
・「だれかと喧嘩した(してた)。」
・「だれかと付き合った/別れた。」
・「だれかと結婚した/離婚した。」

 と、簡単に羅列できる程度のイベントしか存在しません。
 特に、友達と喧嘩は勝手にその状態になっていることのほうが多いので、イベントと呼べるほどのものでもないですね。
 ここは、個人的には非常に残念な部分なところです・・・。
 このゲームにおいてイベント自体はそこまで楽しむ点ではないということでしょうか。

 あともうひとつ、大きな問題点があって「世界に介入できすぎてしまう事」。
 「喧嘩した仲直りしたい」とか「告白したい」とかをいちいちプレイヤーに聞いてきて、そこらへんの人間関係をある程度調整できてしまう。
 人間関係を楽しむゲームなのに、重要なそこをユーザーにゆだねてしまっているせいで、トモコレの世界観を壊してしまっている節がある。残念。
 それによらず、「風邪をひいた」とか「風呂入りたい」とか、わざわざ悩みを打ち明けてくるんですが、Mii達の間だけで問題を解決してほしい。
 なんというか、このせいで「世界を操作しちゃってる感」「作業感」が強くなってしまってる。
 プレイヤーはもっと間接的に何かをしてあげるぐらいのポジションがいいと思うんですよね・・・。

 まぁとにかく、コミュニティの形成を見守って、それを楽しめる人じゃないとこのゲームを楽しむことはできないかもしれません。
 最終的にはアイテムコレクションが目標になりそう(ぶつ森状態)
 というか、このゲーム自体、どうぶつの森をぬるい方向に進化させたものって感じが強いですね。

 ん~、より一般人のほうがこのゲームは楽しめそうな気がするなぁ・・・。
 芸能人に興味がある人だったら、簡単に住人を増やせそうですし、そういう遊び方が一般的みたい。
 あと、周りにトモコレをプレイしている人がいれば、より楽しめそうな気はしますね。

 んん~、なんかこう、全体的に惜しい感じです。イベントをもっと多彩にして人生を演出してほしかったなぁ・・・。
 値段相応といえば値段相応だけど・・・なんかこう残念。
 伸び白がものすごくあるとおもうので、次回作に期待してもいいと思いました。

 その前に、Miiチャンネル ver2 を出してはほしい。