2011年4月25日月曜日

Portal2(シングルプレイ) 感想

 シングルプレイモードをクリアーしました。神ゲーだった・・・。
 Portalシリーズは洋ゲーの中で唯一、心底面白いとおもえるゲームですね。

 ○ゲーム性
  ファーストパーソンパズル。
  プレイヤーはポータルガンというワープホールを生成する特殊な銃を片手にステージを縦横無尽にかけめぐりステージを攻略していく。
  アクションはほぼ要求されない。
  ルールの説明は面倒なので公式動画。



  各ステージのパズルのレベルデザインが非常に優れている。プレイヤーにできることは、ワープホールを作り移動することと、せいぜい箱を運べるぐらいのシンプルな動作に対し、ステージ構成は飽きさせないよう、さまざまなシンプルなギミックを組み合わせバラエティ豊かに設計されている。
  洋ゲーにありがちな「難しすぎてやってられない」ということもなく、とはいえ簡単すぎず、絶妙な難易度で挑戦してくる。
  ・・・とはいえ、パズルとしてみた場合、どちらかというと簡単に属するものだろう。MYSTよりは簡単。(MYSTは3しかプレイしたことがないが・・・)
  新しいギミックも多数登場したため、前作を極めた人でも改めて新鮮な気持ちでパズルを解くことができるだろう。
  非常に日本人好みのゲームデザインだと思う。

  ちなみに、前作で使えたバグ技は私の知る範囲では使えなくなっていた。Glitchはやり方をしらないので確認していないが、あれは流石に最優先で修正されているんじゃないかと推測。
  人知を超えるようなスピードランは今作では難しくなっているだろう。

 ○操作性
  PC版なので、マウスとキーボードでの普通のFPS操作。
  私がFPS慣れしていないので、正直、キーボードの左手が、時々いつのまに左右に1キー分位置がずれてたりしてストレスを感じるときがある。
  あとキー配置的にしゃがみづらい。
  個人的には360パッドのほうがプレイしやすいかな。
  ただやはり、エイミングはマウスのほうが圧倒的に楽。一長一短。

 ○グラフィック
 今作もSourceエンジンを使っていますが、エンジンは常に改良しているようなので初代に比べたらクオリティはだいぶ上がっていると思います。
  言ってしまえば、安定のValveクオリティ。予算をかけすぎず、蔑ろにもせず。好い塩梅だと思います。
  このゲームには人間は(主人公以外)存在せず、基本的にロボット相手になるので、あの洋ゲー独特のバタ臭いきっついデザインの人間と対面することがないのはありがたい。
  (ポータルを使えば唯一の人間の自分自身を見ることができますが、やはりバタ臭い・・・。)
  メカデザインは日本人にも普通に受けそうな良デザインだと思う。
  Portalは洋ゲーにはめずらしく、グロ表現が全くない作品なので、私のようにグロが苦手な人も安心。

 ○ストーリー
  ネタバレになるので内容については語らないが、初代よりも圧倒的にストーリー描写がしっかりしている。
  それにあわせてステージ構成も変化していくので面白い。
  キャラ描写もあいかわらずよい。セリフや行動がアメリカくさいが、それがまたいい味を出していたりする。
  そして、演出も素晴らしい。
  話は前作から続いているので、前作のプレイは必須かと。
  非常に良い。このゲームの売りのひとつ。

 ○サウンド
  うーん、アンビエント系のBGMで基本的にはあまり印象には残っていない。
  コンパニオンキューブが歌っていたのはかわいかった。
  今回もエンディングは最高。
  そんなところ。

 ○気になる点
  ・ローディングが頻出する。
   ステージをまたぐごと or (死亡などによる)リスタートごとにローディングが発生し、ちょっと気になる。
   一番最初のロード以外はそんなに長くないのでまぁ我慢できる範囲だが、とはいえ、実績やスピードランなどのためにやりこもうと思うとリトライは必至になるわけで、リスタートに関してはどうにかならなかったのかなぁと思う。

  ・ファーストパーソンなので視界が非常に悪い。
   Portalに限らないが、ファーストパーソンは足もとが見えないのでプレイしにくい・・・。
   足を踏み外して死亡がよくあるし、足元の段差やギミックが見えないので、移動やジャンプなどがしにくい。
   しかし、Portalはそのゲームシステムゆえにファーストパーソンであることは必須だし、ファーストパーソンだからこその臨場感もあり、一概に否定することはできない。

  ・英語音声 日本語字幕。
   翻訳はしっかりしていると思うが、1文が結構長かったりして文章を追うのが大変で、風景をちゃんと見れないことが多々。
   英語力がほしい・・。

  ・もっと難しいパズルも解きたい。
   誰でもクリアーできる難易度調整なので、パズラーとしては若干ものたりない感があるのも確か。
   30分とか1時間とか詰まっちゃうような、難しいテストもやってみたい。


評価 10/10
 トータルの出来の良さが欠点を補って有り余るほど魅力的。間違いなく買い。洋ゲーが苦手な人でもプレイできる洋ゲーだと思います。
 ぜひとも前作のPortalと一緒にプレイしていただきたい一品。非常にお勧め。
 11/4/25現在はPC版しか出ていません。PS3/XBox360版は5月に発売となります。一番手っ取り早いのはSteamですね。
 Portal2に限ってはPC版かPS3版をお勧めします。360版はSteamとの連携が取れなかったり、解像度が劣化していたりしてあまり良くないようです。