2011年1月28日金曜日

DIVA Arcade Version A

 PSP2(NGP)発表されましたね。
 背面タッチパネルは非常にすばらしいアイディアだと思います。楽しみですね。

 それはともかく、本日より稼動のDIVA AC VerAをプレイしてきました。
 このタイミングでロングノートが2ndバージョンに修正されていると期待していたのですが、残念ながらされてませんでした。
 もはや絶望するしかありません。変えるならこのタイミングしかなかったのに。
 音ゲーを理解している人がもはやセガの開発にはいないのでしょう。
 DIVA2ndを作ったDingoは間違いなく音ゲーを理解してDIVA2ndを作っているので、Dingoから企画さんを連れてくればいいんじゃないでしょうか?

 ついでにこのタイミングでボタン配置もまともになっていれば・・・とわずかながらに期待していたのですが、残念ながら変わらず。
 まぁ、筺体がかわるような変更があるはずがないですよね。これはもう諦めてます。

 シェーディングのしょぼさは変わらずでした。セガ!といわんばかりのとぅるっとぅるのシェーディング。
 2ndで一番好きな衣装「チアフルキャンディ(リン)」に着せかえたのですが、シルクな印象だった衣裳が一気にゴムっぽくなっていてかわいさ半減。
 シェーディングのしょぼさもそうですが、おなじぐらい気持ち悪く感じるのが目の描写。なんであんなにキラッキラに輝いてるんでしょうか。2ndOPとかみたいに普通の目でいいのに。

 2ndの曲が(まだ数曲ですが)追加されたのは非常にうれしいですが、よくよく考えれば出来のいい2ndをプレイしたほうがよっぽどいいですね。

 いまArcadeに残されてる利点は、1st,2ndにない曲が多数配信されていることと、2ndよりまともな同時押しシステムぐらいでしょうか。
 最近、私がボカロソングにまったく付いていけてないので、知らない曲があるのは非常に魅力的です。
 しかし、どうも新曲の多くはエディットで作ったようなしょぼいPVが多いのが欠点なんですよね・・・。
 これはDIVAに限らず、PVがある系の音ゲーの宿命ですが、PVがあるとその分だけ開発費が跳ね上がるので、新曲追加が難しくなるんですよね・・・。そこで、ある程度手抜きがされるわけでしょうが、DIVAにおいてはバックグラウンド全域にPVが流れているので否が応にも目に入るのでそこで手抜きをされると目立つんですよね・・・。IIDXとかドラマニ・ギタフリはプレイエリアの横のプレイ中に目に入らない範囲で流れてるので、しょぼくてもそもそも目に入らないのでほとんど気にならないんですが・・・。

 DIVA.NETもVerAより正式版に移行。モジュールやスキンの購入がWebからでもできるようになったようです。
 DIVA.NETを使うことによって、曲ごとにモジュール設定ができるのは非常に良い機能だと思います。この機能があれば、モジュールをそろえたくもなりますね。

 結論、DIVA3rdが楽しみだなぁ。3DSかな?PSP2かな?