2010年7月26日月曜日

ブラック★ロックシューター

 B★RSみました。

 監督がヤマカンで、脚本にハルヒの作者が参加してるって時点で、なんかもう駄作になるに違いないと予想してたんですが、意外に面白くてびっくり。

 ハルヒは1巻が作者のオナニー集大成で、3~5巻あたりぐらいからやっとだいぶまともに読めるようになったかなぁ、という悪い印象しかなかったので、今回のBRSですこし見直しました。
 まぁ、参加してるだけらしいので、どこか一部だけなのかもしれませんが。

 BRSのストーリーはすごくシンプル。
 ただ、見せ方が複雑なので(表と裏の世界の時間軸がバラバラで交互にシーンが切り替わる)、人によっては理解しにくい部分は多いだろうと感じました。
 時間軸がバラバラなのは最初から想像がついたので、二つの世界が切り替わる演出は大体は文句がないのですが、最後のヨミを取り戻すシーンだけは、時間軸を途中から合わせて、さらに盛り上げることができただろうと思わざるを得ないですね。
 おそらく、続編を意識しすぎて、ここで最終回並の盛り上げを見せたくなかったのだろうと推測。
 でも、作品的にはここで盛り上げないでどこで盛り上げるんだといえるシーンだったので残念。
 最終的にのっぺりと終わってしまった感が。
 もったいない。

 あと、シナリオも続編ありきで作っているため、特に最後のCパートのせいでストーリーが安くなってしまっていると思います。ヨミを助けて終了にしておけば、これほどきれいな話はなかっただろうに・・・。
 もったいない。

 戦闘シーンはたんぱく。演出的には世界観的にマッチしていて良いと思いますが、それでもBRSのショットがさすがにちょっと弱すぎだろうと感じる・・・。あの弱弱しさは異常。

 エンディング曲は正直微妙。

■私感
 私は友情ものに弱いので非常に楽しめました。でも残念ながらCパートから続くであろう続編はいらないですね・・・。
 ヤマカンはやっぱりいまいち・・・。
 ハルヒ作者はすこし見直した。
 総合的に80点。

 ただ、続編で点数が駄々下がりする可能性大。
 TVアニメかぁ・・・みるけどさ・・・あの展開だと、絶対ストーリーがやすっぽくなるよなぁ・・・。
 いやいやいやいや、今回のDVDだって期待してなかったのに十分面白かったじゃないか。きっとTVでも面白くなってくれるに違いないさ!