2011年2月26日土曜日

3DSきたわー


 発売日ですね!というわけで、3DSゲットしました!

 ゲームソフトはAmazonで注文したのですがまだ届いていないので、内臓ソフトで遊んだところでファーストインプレッションでも書いとこうかと。

○裸眼立体視ディスプレイ
 バリアフィルタの調整がすばらしく、某Android端末のように見えにくいということはありません。
 3Dボリュームはマックスにすると非常に目が疲れます。大体半分前後が長時間仕様には良いと感じました。
 やはり、レンズの焦点距離と両目から得られる交差距離との差が目の疲れを生んでいるんだろうなと思います。

○ちょっとだけ高解像度になった上下のディスプレイ
 幅256pixから320pixと、ちょっとだけ高解像度化してますが、意外にその効果は大きく2Dだけであればもはや低解像感を感じませんでした。
 でもやっぱり、3Dになるとジャギが目立ちますね。これは仕方ない。

○Mii関係
 パーツが増えたり、パーツの縦横比を変えられるようになったりと、パワーアップしてました。
 非常に良いと思います。
 Wiiやトモダチコレクションからもデータを引き継げるので、私はトモコレから魔導物語系で出来がよさげなのを3DSにコピーしました。
 そして、3DSの隠れた売りの「すれちがい通信」に対応。まだすれ違ってないので良くわからないのですが、Miiを交換?するだけでなくちょっとしたゲームっぽいのも入っているようです。
 Wiiのインターネットを介したMiiのすれちがい的な機能も悪くは無かったですが、やはりリアルですれちがいできるというのはよりモチベーションに繋がりそうです。
 すごくすれ違いたい!

○ARゲームス

 ARカードをつかった数種類のARゲームが遊べます。
 ここまですごく身近でインタラクティブなARは初じゃないでしょうか。
 可能性を感じます。なかなか楽しかったです。
 ただやはり残念ながら、シューティングゲームに関してはDSを結構はげしく動かさないといけないため、裸眼立体視との相性は良く無かったです。
 ARをつかってのMiiの写真撮影できるのは面白いですね。立体視とARの相性は思ったよりも良好だと感じました。

○顔シューティング
 自分の顔写真をとって、それが敵となって襲ってくるゲーム。
 これもARに近いです。加速度センサーを使った擬似ARですね。
 俺が迫ってきて俺にちゅーしてくるとかまじきもい。
 まぁ、一発ネタとして面白かったです。子供受けしそう。
 とった顔写真は顔コレクションとしてとっておけるようです。おそろしや。

○DS互換
 前記の様に解像度が変わってるわけですが、無理やり全画面化されていたため、画面が全体的にぼけてしまい2Dがちょっと残念なことになってました。
 3Dも同じく引き伸ばされているだけなのできれいになったりはしてないですね。
 もしかしたら全画面化しない設定にもできるのかしら・・・?ちょっとわからない。
 まぁ、ないよりまし的な互換機能でしょうか。DSのソフトはDSでプレイすればいいかなと思うし。


 とまぁ、こんなところでしょうか。
 心配していたよりは好感触です。あとはゲームさえ届いてくれれば・・・はやく届け!